予想外にいきなり出会うのが事故です。79-2-41

そこでどんな対処した結果により、自動車の保険料の受け取りも相当変わってくる場面も予想できますので決断と対策が大事です。79-20-41

予想外の状況に出会って平静さを失ってしまえば必要不可欠な場面を見過ごしてしまい、その先自身が損をすることもありえるので事故をした状況では以下に記述した行動をします。79-7-41

乗用車の事故を起こした時に最初にする事は負傷者がいるかどうかの確認です。79-8-41

のすぐ後は訳が分からずぼうぜん自失となってしまう時があり容易に行動できないのが当然です。ABCクリニック 立川院

ですので、負傷した人がいた時に安全なところへ移して応急な手当を行い、119番通報する等負傷者の最優先に努めることが大事です。79-1-41

119番に連絡する状況では正確な事故現場を伝えて不明な状況では分かり易いお店や交差点を連絡し事故が発生した位置が分かるようにします。79-6-41

次に警察へ連絡して、自動車事故が起こった事さらに現在の様子を説明します。79-9-41

救急車とパトカーの到着を待っている時間に負傷者の内容を確かめます。79-16-41

名前、住んでいるところ、TEL番免許事故相手の自動車保険の会社名と言ったお互いの身元を交換します。79-4-41

この時に相手にミスがある時には、現場でやり取りしようとする状況が存在しますが片付けるのではなく、どんな風な状況だとしても110番や保険の会社に連絡して、調べてもらいます。

各々の連絡先を教えたら車のさまたげになるのを避けるために障害になる物を道路の上からどけます。

どうしても邪魔な物が他人の車の障害物になっている場合は情報を交換する前にその対応を終わらせてしまっても大丈夫です。

その次に自分が加入している車の保険会社に連絡を入れて車の事故が発生したことを知らせます。

特定の時間の内に保険会社に知らせておかないと、車での事故の保険の適用除外にされる状況も考えられるので時間が出来たら早く連絡を入れることが欠かせません。

さらに事故内容の様子として、手持ちのカメラや携帯のカメラなどを用いて事故やマイカーの破損の状態の写真を撮影しておきます。

この証拠写真は過失のパーセンテージ決定する際にとても重要な証拠となるので、あなたの乗用車や先方の自動車の状態をきっちりと手がかりとして残しておくことが重要です。

その時に目撃した人がいれば警察の人や自動車保険会社の人が駆けつけるまで事故現場にそのまま待機してもらうようお願いするのも重要です。