LINK

クルマを売るとき、それから愛車の下取りの時も印鑑証明書が必要です。ブライダルエステ 静岡 ランキング

この印鑑証明について解説していきます。ライザップ岡山

印鑑証明という書類は、ある印鑑が実印で間違いないという事実を実証する目的のものです。http://beautiful7.hatenablog.com/

印鑑証明書がない場合には、使っている印鑑が実印であるかどうかが裏付けられません。バルクオム

大きなお金が動く取引になる該当する車の売却なので、実印が必要になることになりますがその時にこの印鑑証明も要るのです。赤ちゃん 便秘

印鑑証明という書類をつくるには、はじめに印鑑証明をすることが必要です。ブブカ ヤフーショッピング

書類に登録するはんこは正式には実印と呼ばれ同じものが二つとない印鑑でなくてはなりません。

この実印を手配して、自分が住む役所に行くことで印鑑登録をすることができます。

手続きが済むと印鑑登録カードなるものを発行してもらえてその印は実印になったということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには市役所などの取次ぎ所へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を記載して印鑑登録カードを持参するだけでできます。

それから、自動交付機を使って印鑑証明書を発行することができます。

印鑑証明には有効期限などはありません。

ですのでどれだけ前の印鑑証明でも証明書としての効力は消えないということになります。

しかしながら、自動車売却時には印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。

ほとんどのケースで有効期限の定めはないのですが、車両の買い取りの際には業者側が有効期限を決めているのでもし中古車売却の予定があるなら、買い取り前に持っておくことが必要です。