LINK
クレカ請求の引き落としの遅れが続く→口座引き落としの踏み倒しをしていなくても請求額の支払日時点で銀行口座残高が不足しているため、カード代金支払いがされないということが何度も起こってしまっているような場合にはクレカの会社のほうが『日常的に資金不足と思われる』というように予測してしまうことで強制没収という事態になってしまうケースがあります。余力は足りるだけあるのにもかかわらずついつい悪気はなく残高が足りない状態になったというような行為を繰り返していてもクレジットカードの発行会社の視点で見ると信用できないクレカメンバーという扱いにされてしまうことがあるから、多重債務をしているしていないによらず没収となる場合もありうるので注意。だらしのない会員への採点は当然良くはないのですから。さらに言うと、一回でもこのようなカード代金の支払いが不可というケースが出るとカードの期限切れまで利用できたとしてもそれ以後の継続契約が不可となる場合ということもあります。意味のあることなのだと再認識し支払日を忘れないようにするべきです。クレカ現金化という契約を利用する・・・キャッシング枠がすでにいっぱいになってしまい、もう金融機関からも調達できないからといってクレカ現金化などと言われるようなクレジットカードのショッピング枠を用いた方法を使用してしまうと、そのことによりクレカの強制退会になるケースが存在します。そもそもクレジットの会社では条項において現金化する目的のクレジットの使用というもの許可していないことからをキャッシュ化する利用=違反=失効ということになることも不思議ではないのです。ついついお金に困って現金化を利用してしまうと、ローン残高について一括請求等を受けてしまうことが存在するようなので絶対に利用しないようにしてほしい。