LINK
事故は自分だけで起こした自損事故と他の人が関与した自動車での事故が存在します。己だけの事故の時にはあなただけで事故の処理をすることで終わりますが別の人に影響を与えた車での事故は互いにどれだけの過失があったのかを分析し、その結果によって故障した車の修理の費用や示談のお金などが決められるので、自動車の保険屋さんの担当者を交えながらの協議が欠かすことが出来ません。大概の自動車の事故の際各々に多少の間違いがある場面が一般的で片方のミスであるという状態はほとんどありません。当然の事ですが赤信号で止まらなかったり、一時停止で止まらなかったなど違反による事故なら大きなミスになりますが、被害を受けた人にもミスがあると判断されます。車の事故の場面では誰の間違いが原因で発生したのかということがとても焦点になってくるので、その結果を分かりやすく示したのが「過失割合」(過失割合)と呼ばれるものです。例として、信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視事情ならば法のルール上事故を起こした側に100%手落ちがあると思いますが、この状況で事故の原因になった自動車が前から来て目で確認できた状況だと自動車の事故の被害者でも注意不足があるとして10%ほどの間違いが指摘される状況もあります。言うならばその状況では相手9割、事故に巻き込まれた側が1割割合となって割合が大きいとそれに応じた落ち度が問われるのです。もっといえば自動車事故の過失の割合事故判例を元に決められる状況が大部分で、日弁連交通事故相談センターから発表されている過失割合認定基準表などが基準として用いています。この過失割合の、割合が高ければ高いほど落ち度要するに賠償しなければいけない額も大きくなるので事故後の話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく車の保険屋さんの担当の方と一緒に冷静に交渉することが大事です。